専業主婦でも借りれるカードローン審査とは?

銀行のカードローンやキャッシング業者を利用してお金を借りる場合は、
きちんと返してくれるという信用が最も重要視されます。

 

その為、職に就いていなかったり、
返済能力が不足していると判断されれば審査には通りません。

ただし専業主婦の場合は、収入が無くても審査に通ることが出来ます。
なぜ収入の全く無い専業主婦が
カードローンやキャッシングを利用出来るのかと言いますと、
配偶者である夫の収入を含めて審査の対象としているからです。

 

その為、妻に収入がなくても
夫の収入によって返済可能と判断されれば、融資を受けることが出来ます。

申込み時に家族の年収を記入する欄があるのも
このためなのですね。

 

審査内容に夫の収入が含まれるということは、
夫の信用情報も影響することになります。


妻が借入の申込手続きを行った場合は、あくまでも妻個人の契約であり、
夫が連帯保証人になるなどは有りませんが、
夫の収入を返済資源としているからには、
夫の信用力も重要な判断材料となってしまいます。ですので、
夫の信用情報に疑義があれば融資を受けることが出来ませんし、
逆に契約者である妻本人の信用情報に問題があったとしても
当然お金を借りることが出来ません。

 

審査内容に夫の収入が影響するという点以外については、
銀行から融資を受ける場合は
専業主婦の場合でも通常の申込手続きと変わりありません。

主婦でも利用できるキャッシングはこちらです