専業主婦のカードローンと総量規制対象外の関係は?

キャッシングやカードローンを
申込みしたり、利用したことのある方なら、
総量規制対象外という言葉を聞いたことがあると思います。
専業主婦は、カードローンを申込み出来て
作れるのでしょうか。


総量規制とは、年収に対する貸付制限のことです。
年収の3分の1までに貸付を制限する法律であり、
年収120万円のパート主婦だと借入上限は40万円となります。


総量規制の対象となるのは、
消費者金融のキャッシングやカードローンです。
これに対して、銀行や信用金庫などは総量規制対象外となります。


年収の3分の1を超えて借りられるので、
消費者金融で借りられない方にもチャンスがあります。

専業主婦がローンを利用する上では、
総量規制が障害になってしまいます。
専業主婦は原則としてパートなどの収入のない
主婦を指すので、年収はゼロとみなされます。


総量規制対象のローンだと、年収がなければ1円も借りることはできません。
でも専業主婦に対応したローンのほとんどは
銀行や信用金庫の商品ですが、これは総量規制対象外となるためです。
そのため、年収がゼロでも借りられる可能性があるのです。

借入したい銀行に口座を持っている場合、
取引実績などから柔軟な審査や優遇される可能性が高く、
便利なこともたくさんあります。

まずは今口座を持っている銀行のカードローンを
チェックしてみるのもいいと思います。

銀行でも即日カード発行を行ってくれるので
手軽に利用できるようになりました。
また、WEB申込なら来店不要で
借入・返済手数料0円の銀行も多いです。

同じ金額のカードローンを作るのなら
金利の高い消費者金融会社より
低金利の銀行で融資を受けた方が断然お得です。

ただし、借入するための条件として、
配偶者が安定収入を得ていることがあります。
ご本人と配偶者の両者が無職であれば、
返済していくのは不可能とみなされるので、
カードローンを作って、お金を借りることはできません。

 

主婦でも申込みができるカードローンはこちら