カードローンの金利の特徴は?

カードローンの金利は、
借入時の限度額により変わってきます。
 

はじめて借りる方ですと、
ほぼ間違いなく二桁の利率となるでしょう。

4.5%~18.0%の金利設定なら、
15.0%~18.0%の範囲内での設定となるはずです。

一桁の利率が設定されるのは、
かなり高額な融資を受けた場合なのです。


貸金業者としては、少ない金額を貸し付けても
あまり利益が出ません。
そのため、利率を高くして利益を出そうとするのです。

逆に高額を融資する場合だと、
利率を低くしても利益を出すことができます。


主婦がはじめてカードローンやキャッシングを利用する場合は、
最高金利での融資になると考えておくのが無難です。

主婦におすすめの限度額は10万円で、
多くても30万円以内に抑えておきましょう。

借入額が少ないと年率は高くなりますが、
利息は抑えることができます。
年率が高いから必ずしも利息が高くなるとは限りません。


借りる金額を少なくすれば、
利息はかなり少なく抑えられるのです。

カードローンやキャッシングの利息は日割で算出されるので、
ローンを利用する主婦は、
遅くとも翌月までは返済するように意識しましょう。

返済期間を先延ばしすると、
より多くの利息が発生してしまいますので注意が必要です。