クレジットカード現金化とカードローンの大きな違い

夫に内緒でお金が欲しい主婦の中には、
クレジットカード現金化に手を出してしまう人もいるようです。

 

特に仕事をしていない専業主婦の人は
夫に内緒でお金を借りることはハードルが高いので、
怪しい業者に騙されてしまうことも多いようです。

「自分みたいな貧乏人相手にしないだろう」と
思い込んで油断している人は多いですが、これは大きな勘違いです。

違法業者、悪徳業者にとって、
追い詰められた人間、弱い人間ほどターゲットにしやすいのです。

 

クレジットカード現金化とカードローンの大きな違いは、金利にあります。
現在は貸金業法や出資法が改正されたことで、
金利が高いと言われている消費者金融ですら
最高金利18%というところがほとんどです。

 

一方で、クレジットカード現金化の相場は
購入した商品の値段の8割です。
翌月にはクレジット会社から請求が来ることを考えると、
年利100%を超える金利でお金を借りていることに等しくなります。

リボ払いで購入した場合にはさらに手数料もかかってきます。

また、詐欺業者も多く、高い商品を買わされたのに
1円すら振り込んでもらえなかったというケースもあります。

 

クレジットカードのショッピング枠を現金入手目的で使用することは
規約によって禁じられています。
規約違反となるか、ルールを守ってお金を借りるかということが
最大の違いかもしれません。

 

主婦の人でも借りられるカードローンもきちんと存在するので、
手間を惜しまずに借りられる会社を探してみましょう。

⇒主婦におすすめのカードローンはこちら