キャッシングが利用できる主婦とできない主婦とは?

主婦でもお金を借りることができますが、
誰でも借りられるわけではありません。
キャッシングやカードローンが利用できる方と、
そうでない方が存在するのです。

 

この差はご本人、または配偶者の安定収入の有無にあります。

キャッシングが利用できる主婦は、
本人または配偶者に安定収入があり、返済能力がある方です。

お金を借りるからには、確実に返済していけることが条件となります。

返済能力がなければ、当然ながらお金を借りることはできません。

 

主婦の方がパートなどで収入を得ていて、
返済能力を有しているのが理想ですが、
無収入でも配偶者に安定収入があれば、融資してくれるローンもあります。

審査項目は多くなりますが、
これは返済能力を決めるためのものです。

 

キャッシングが利用できない主婦は、
自分または夫の収入が安定していない、
もしくは自分自身に
追加融資を受けられないほどの債務がある場合です。

他社からすでに高額の借入をしていると、
新しくローン契約をすることは難しいです。
 

一般的に主婦の場合は、
30万円~50万円以上借りてしまうと
他社から借りることが難しくなります。

借入先は3件になると難しいので、
この場合は新規で借りる前に
他社のローンを返済をしておくのが望ましいです。