専業主婦のクレジットカードにキャッシング枠は付けられる?

クレジットカードを作るときに、
キャッシング枠の付帯を勧められることがあります。
専業主婦の場合、クレジットカードにキャッシング枠は
付けることが出来るのでしょうか。

 

クレジットカードを利用して、
ATMでお金を借りることができます。
これが、キャッシングです。
 

クレジットカード会社側としては、
実は利用者がキャッシング利用額を
一括払いで支払いをすると、利益が出ません。

一括払いは無利息で、
さらに利用額に応じたポイントが付与されます。

そもそもキャッシング枠が誕生した理由は、
カード会社にとって、利益率が大きいサービスだからです。

そのため、ほとんどのクレジットカードは
ショッピング機能にプラスして、
キャッシング機能も付帯されているのです。

 

専業主婦がキャッシング枠を付帯する場合は、
ショッピング枠のみの場合よりも
審査が厳しくなると考えた方がいいでしょう。
やはり正社員やパート等で、収入がある方が審査に有利です。

あと、利用可能年齢を見るとわかりますが、
クレジットカードは18歳から契約できるカードが多いですが、
ローンの多くは20歳以上となっています。
 

ローンのほうが審査ハードルが高いので、
確実に審査に通過した場合においては
ローン機能は除外したほうがいいかもしれません。
 

ローン機能があると
カードの支払い分が不足した場合に重宝します。
また一時的にお金を借りて、支払いに充てることができます。

専業主婦の方でも、10万円くらいの利用枠なら付帯できることが多いです。
ただ、クレジットカード自体の審査を通りやすくするためには
申込み時にはキャッシング枠をつけない方が通りやすいです。

しばらくクレジットカードを利用して、
「毎月支払いをしている」という信用度を上げてから、
キャッシング枠を追加することをおすすめします。

または、クレジットカードの機能は使わずに、
カードローンでお金を借りると
区別して利用するのもいいと思います。