専業主婦のクレジットカードとキャッシング枠の限度額は?

現金を持たずにその場でショッピングが出来るクレジットカードは、
とても便利なので一枚は持っておきたいです。
しかし誰もが希望すれば持てる訳ではなく、
一定の条件、つまり審査をクリアすることが必要となります。

 

クレジットカードで買い物をすれば
カード会社が立替えて支払ってくれますので、
後日きちんとカード利用代金を支払える人でないと持つことは出来ません。

その為、収入があることが条件となりますが、
収入のない専業主婦でもカードを持つことが出来ます。


ただしショッピング枠の限度額は、
働いていて安定収入のある方に比べると、抑え目に設定されてしまいます。
一般的には10万円から30万円に設定されるケースが多いです。

またキャッシング枠に関しては、0円に設定されることが多いし、
0円で申込みした方が、審査も通りやすいでしょう。
 

なぜかと言うと、
クレジットカードのキャッシング利用分は
貸金業法の総量規制の対象となりますので、

年収の3分の1以下の金額までしか借りることが出来ません。

総量規制というのは、
「年収の3分の1を超える貸付ができない」というルールのことです。
このルールは貸金業法で定められています。
総量規制についてはこちらで解説しています


なぜこの規制が専業主婦の人に重要なのかというと、
専業主婦の人は文字通り、主婦業に専念している人のことを言うので、
働いていて収入を得ている人は含まれません。
つまりは、収入がゼロなのです。
ゼロの3分の1は、もちろんゼロですので、
一般的には専業主婦の人は
貸金業者でお金を借りることはできないということになります
(夫の同意書を提出すれば例外的に借りられることもあります)。

なので専業主婦の方は
キャッシングで借りられる金額も0円となってしまう
クレジット会社が多いです。
 

その中でも、専業主婦の方でもキャッシング枠を
付けられるクレジットカードもありますので、
キャッシング枠が必要に場合は、
審査基準をよく見てから申込みをすることをおすすめします。