専業主婦のキャッシングに保証人は必要なの?

専業主婦って、
何かとお金の必要性に悩まされるものですよね。
そんな時に頼れるのがキャッシングですが、
保証人は必要なのでしょうか。

 

主婦って夫の収入をもとに家計をやりくりしなければなりませんし、
生活費や食費の他にも家族のレジャー費や夫の交遊費、
子供のお小遣いや教育費、
特にお給料前とか急な出費、冠婚葬祭など キリがありません。

さらに自分自身のためのコスメや美容のための費用も
捻出しなければなりませんよね。


もしもこのような時にお金が不足し、
専業主婦がお金の必要性なった時には
消費者金融を活用して融資金を得ると良いでしょう。


中でもキャッシングは必要額を銀行の預金口座に
一括振り込みしてもらえるのでとても便利です。

ただし、多くの専業主婦にとっての最大の関心は、
果たしてその金融業者が 専業主婦に
融資してくれるのかということだと思います。


確かに業者によっては審査が厳しく、
審査に通りにくいところがあるのは事実です。

中には夫や兄弟や実家の両親などが
保証人となって契約書にサインしなければならないものもあります。


しかし大手の業者をはじめとする多くの消費者金融では、
本人がバイトやパート、あるいは内職などを通じて
何らかの安定した収入があり、
なおかつその収入を証明する源泉徴収票などの証明書があれば、
その申し込みも受け付けてもらえます。

また専業主婦の方でも申込みが出来て
審査が通れば、保証人なしでも
融資契約手続きを進めることができるところもあります。

 →主婦でも借りれるカードローンはこちらから