キャッシングやカードローンでブラックにならない為の注意点

ローンとは信用力を担保にして借りる借金です。
主婦がカードローンを利用するなら、
ブラックには絶対ならないように注意しましょう。

 

一度ブラックになると、
5年間はデータが消えないと言われていますが、
5年以上経っても、ローンに申込みをしても
審査に通る可能性は、とっても低いのです。

 

過去に返済の遅れや自己破産や債務整理などがあると、
「借金を返さない人」というレッテルが貼られてしまいます。

お金を貸す場合の審査の一番は
「お金を貸して、きちんと返してくれる」
という信用が最も重要視されるところです。

これは銀行をはじめ、クレジットカード会社
カードローン業者も同様です。

だから、一度ブラックリストに登録されてしまうと
銀行をはじめ、あらゆる貸金業者のカードローンやキャッシング、
クレジットカードも利用できなくなるので注意が必要です。

 

ブラックにならないための借り方は至ってシンプルです。

遅延をしなくて済むように計画的に借りることです。


かといって、「計画的な借り方」と聞かれても
即答できる方はあまりいいないですよね。

 

主婦にとって無理のない借入は、
限度額にして1万円~30万円です。

たった30万円と思う方もいるでしょうが、
元金を返済するだけでも
毎月3万円ずつ返済して10ヶ月もかかるのです。

月1万円ずつの返済なら2年と6ヶ月もかかるわけです。

 

お金を借りるのは簡単ですが、
返すのは簡単ではありません。

何より借金をする時点でお金に余裕がないので、
少額とはいえども簡単に返済はできません。

 

主婦の方におすすめの
カードローン・キュッシングの利用方法は、
まず何社にも申込みをして、お金を借りないことです。


これは、聞いたこともあるかと思いますが
「自転車操業」を防ぐことにもつながります。

借り入れと返済を繰り返しながら
慢性的な赤字状態でありながら
次々に借り入れを回転させて
かろうじて操業を続けてゆく状態のことです。

(自転車はペダルを漕ぎ続けることで
安定した走行が可能だけど、
漕ぐのをやめるといつかは転倒してしまう
ということが語源です。)


一度に多くの金額を借りずに、
少額を借りることも大切です。
そして、短い機関で完済することです。

 

返済期間が長くなってしまうと、
完済する前に新たな借入をする可能性が高くなります。

そうして借金が増えていき、
毎月の返済が厳しくなってしまいます。

 

常に短い期間で、できれば1回での返済を心がければ、
借りすぎを防ぐことができます。

 

1ヶ月以内で、何社にも申し込まないようにしましょう。

カードローンの審査では、
一般的に申込みは3社以内とありますが、
多くても2社、できれば1社だけにしましょう。

 

借り入れは計画的に

実際は、ここですよね。
計画的に借り入れることで、
焦って何社も申し込む必要がなくなるからです。