専業主婦のキャッシング!審査で嘘をついたらどうなるの?

専業主婦でもお金は必要なものですから、
必要に応じてキャッシングを利用して
お金を借りたいと考えることもあるでしょう。

 

総量規制対象外である銀行系業者を用いれば
専業主婦であってもキャッシングを利用することは出来るのですが、
審査はそれなりに厳しいものになるということは覚悟しなくてはなりません。

特に専業主婦の返済は夫の収入によってなされるものとなりますので、
例えば夫が既に借金をしているなどのことになると、
借入が出来ない可能性は上がってきてしまいます。

 

そうしたことになると「嘘をついてでも審査を通過したい」
と考えることもあるでしょうが、
しかしここで嘘をつくということは絶対にしてはならないことです。

 

審査は、キャッシング業者が
融資をしても良いかどうかを判断するうえで最も重要なこととなりますので、
そこで嘘をついていたということになると
当然、借入できたはずのものが借り入れられなくなるということになってしまいます。

 

更に、もしそうして契約した後で
返済不能にでもなろうものならば、
債務整理や自己破産すら認められずに
返せない借金を背負うことにもなりかねません。

そのほかにも契約の強制解除などもあり得るわけですから、
業者に嘘をついて良いことなど一つもないのです。

 

後から困ったことになることを避けるためにも、
業者には正確に情報を伝えるようにしましょう。

⇒ 専業主婦もキャッシングできる業者はこちらです