専業主婦のキャッシング講座!総量規制対象外とは

キャッシングやカードローンを利用したことのある方なら、

総量規制対象外という言葉を聞いたことがあるでしょう。

 

そもそも総量規制とは、 年収に対する貸付制限のことです。

年収の3分の1までに貸付を制限する法律であり、

例えば年収120万円のパート主婦だと借入上限は40万円となります。

 

総量規制の対象となるのは、消費者金融のキャッシングやカードローンです。

これに対して、銀行や信用金庫などは総量規制対象外となります。

年収の3分の1を超えて借りられるので、

消費者金融で借りられない方にもチャンスがあります。

 

専業主婦がローンを利用する上では、総量規制が障害になるのです。

専業主婦は原則としてパートなどの収入のない主婦を指すので、

年収はゼロとみなされます。 総量規制対象のローンだと、

年収がなければ1円も借りることはできません。

 

専業主婦に対応したローンのほとんどは銀行や信用金庫の商品ですが、

これは総量規制対象外となるためです。

そのため、年収がゼロでも借りられる可能性があるのです。

 

ただし、借入するための条件として、

配偶者が安定収入を得ていることがあります。

本人と配偶者の両者が無職であれば、

返済していくのは不可能なので借りることはできません。