クレジットカードの特徴と仕組みって?

クレジットカードの最大の特徴は、
先に商品などを購入して、支払いが後になることですよね。
そのためにクレジットカードには、
会員(カードを持っている人)とカード会社、
そして加盟店(買い物をする店舗やネットショップなど)
の3つが関係しています。

クレジットカードは、申込みをして
それぞれの会社の審査を通ると、
カードが発行されて申込みした本人の手元に届きます。

そう。審査を通らないとクレジットカードは作れないのですね。
クレジットカードを作るのには、担保は必要ありません。
あくまで申込みする人(利用する人)の支払能力で成り立っているので、
所有権自体はクレジットカードにあるのです。
※支払能力は信用力とも言われていて、
年収や勤続年数住居などから判断して、利用限度額を決めます。
専業主婦の方も、ご本人の収入がなくても申込みできる
クレジットカードはあります。

2015y10m14d_125712248

 

 

カードが発行されると、利用することが出来ます。
クレジットカード会社が契約している店舗で買い物をしたり、
食事をしたり、サービスを受けたりネットショッピングも出来ます。
また、キャッシングをしてお金を借りることもできます。

この時、加盟店でカードを提示してサインしますよね。
または暗証番号を入力することもあります。
お店・ネットなどでの決済は、これで終了します。

次に加盟店から、クレジットカード会社に
売り上げのデータが送られます。
カード会社は、契約時に決めた手数料を引いて
加盟店に立替払いをします。

カード会社は、あらかじめ決めている「締日」で集計して、
決済日にその立替代金を利用者に請求します。
請求書が郵便で届いたり、
最近では、インターネットのみの閲覧の会社も増えましたね。

そして、決済日に申込み時に決めた銀行などの金融機関の口座から
引き落としされて、カード会社に振り込まれます。

 

いざ明細書が来た時に「ひぇーーー」とならないように、
クレジットカードを使った時は、
管理できるように、メモしておくといいですね。

また明細書が届いたあとでも、
分割払いに出来るクレジットカードがほとんどなので、
利用するのもいいと思います。