旦那がブラックの専業主婦のクレジットカード審査はどう?

ご主人がブラックの専業主婦は、
クレジットカードを作れないと言う人がいますが、
これは半分は本当ですが、半分はそうとは限りません。

 


まずは配偶者(夫)など同居している方が
自己破産やクレジットカード・ローンなどの事故の経歴がある場合
主婦の方がクレジットカードの審査が
難しくなることは事実です。

もっと審査が通りにくくなるのは、銀行のローンです。
例えばマイカーローンなどですね。

仕事を持っている主婦の方であっても
同居している家族の方に、ブラックの方や
自己破産の経験がある方がいる場合は、
ご主人ご本人も含め
銀行の個人ローンは、審査がかなり厳しくなってしまいます。
 

 

ですが、専業主婦でも作れるクレジットカードには、
「夫の属性を元に審査をするもの」と、
「本人の属性で審査をするもの」があります。
 

これはなかなか区別が難しいのですが、
申し込み条件に「配偶者に収入がある方」とか、
「配偶者の収入証明書が必要」などと
書かれている場合には、
「夫の属性を元に審査をするもの」
可能性が高いでしょう。

 

逆に、配偶者の情報をいっさい記入せずに
申し込みができるクレジットカードだと、
後者の可能性が高いです。

「本人の属性で審査をするもの」ならば
配偶者の方(夫)のブラック情報は見られないので、
問題なくカードが作れるでしょう。

 

ただ、無収入の専業主婦の方は
総量規制によってクレジットカードのキャッシング枠でも
お金を借りることができません。

専業主婦の人がご自身の属性でクレカに申し込むときは、
キャッシング枠の希望額をゼロにしておきましょう。

キャッシング枠の希望額をたとえ10万円でも設定してしまうと、
総量規制にひっかかるので、審査に落ちる可能性が高くなります。
もしくは、夫の同意書などの提出を求められて
面倒になる可能性があります。

 

また、実は夫の収入でクレカを作る場合でも、
絶対に作れないというわけでもありません。

ブラックの人がクレジットカードを作ってはいけない
という法律はないので、
クレジット会社がOKを出せば作ることができます。

ただし、かなり可能性は低いですし、
申し込みをすると夫の勤務先に在籍確認の電話がかかったり
個人信用情報を見られることになるので、
あまりお勧めはしません。

 

こういった場合は、ご自身の名前で
専業主婦でも作れるクレジットカード
申込みすることをおすすめします。