主婦がクレジットカードに落ちる理由は他にもあります

パート主婦の方、専業主婦の方でも申込み・審査OKのところでも
クレジットカード会社の審査に通らず、
審査に落ちてしまって カードを作れないこともあります。



専業主婦がクレジットカードの審査に落ちてしまう
主な理由はこちらでも書いているのですが、


実はこの中で
・他社のクレジットカードの審査に落ちたことがある。
・過去に滞納履歴がある
・多重債務をしている
  他社で多額の借り入れがある
  クレジットカードを大量に持っていて
  キャッシングを含め、たくさん使っている。

 

これらは、主婦であるご本人に当てはまらなくても
ご主人(配偶者)の方にこれらの事故がある場合
クレジットカードの審査に落ちてしまうこともあります。

配偶者の方が働いていない場合も難しいです。
勤続年数等も審査基準の対象なることもあります。
また自営業で開業して間もくて収入が安定していない場合も、
 断られることもあります。

 

何故かというと
「返済能力」と「個人信用情報」を見るからなのですね。

返済能力というのは、クレジットカードを発行して使ったら
きちんと返してくれるかということ。

個人信用情報は、
申込みによりクレジット会社との契約内容や、
支払い状況等の信用情報を確認できる制度なのですが、
返済能力と一緒に世帯として見られるからなのです。