専業主婦がクレジットカードの審査を受ける時のコツと注意点

「学生・主婦・パート・アルバイトの方もお申し込みいただけます」 という、
専業主婦の方でもクレジットカードが作れる会社が増えてきましたね。

クレジットカードを作る為には、審査に通る必要があります。
まずは申込みの時に、注意していただきたい点が大きく4つあります。

 

クレジットカードの申込みは1件のカードずつで。
もしも審査で落ちたら、カード会社を含め銀行など
金融機関全体の個人信用情報機関という、
審査の基準に利用する機関に登録されてしまいます。

すると、次に何のローンにしてもクレジットカードにしても、
審査を通るのが難しくなってしまいます。
クレジットカードの申し込みは、1件ずつにした方がいいです。

 

電話番号記入欄は、ご自宅の固定電話を
最近は携帯電話やスマホしか持っていない方も多いですが、
ご自宅に固定電話がある方は、固定電話の番号を入力して下さい。

ご自宅に電話があるということは、お住まい(住所)があるとみなされるので、
信用度も高くなります。
以前は固定電話がないと、マイカーローンや住宅ローンも
申込み・審査も難しかったほどなんです。

 

キャッシング枠は、出来るだけ少なく申込みしましょう
キャッシング枠の入力は、極力少なくする方が審査が通りやすいです。
できれば0円で申込みしましょう。

どうしてかというと、
キャッシング枠を申し込むと、収入証明が必要な場合があります。
実際の収入を審査基準として、重要視されるからなのですね。
後からキャッシング枠をつけられるカードもありますので。
※カード会社によっても、基準は違ってきます。

 

収入の記入欄は正しく書きましょう。
・ご本人の収入
主婦の方でもパートをしてれば、その収入を。
収入がない場合は「0」と書いて下さいね。
収入の記入欄が「0」でも、申込み出来るクレジットカードはあります。

・配偶者の収入欄
収入がない専業主婦の方で、配偶者の方の収入記入欄がある場合は
配偶者の方年収を記入して下さい。
(嘘の申込みをしても、バレちゃいます。その方が信用が落ちてしまいます)

 

その他の住居年数や他社での借り入れなども、正しく書きましょう。
特に他社での借り入れは、大きな審査ポイントにもなりますし、
嘘の金額を書いても、特に銀行系のカードには分かってしまいます。

主婦でも申込み・審査で、クレジットカードを持つことは出来ます。
ポイントや特典、年会費などを比べて、クレジットカードを上手に使いましょ。