総量規制とは何?

総量規制という言葉を
見たり聞いたりしたことがあると思います。
総量規制って何のことなのでしょう。

 

クレジットカードやローンを申し込む時にの申込み書に
「総量規制について」と表記されていることもよくありますよね。
 

まず銀行やクレジット会社などの貸付けの契約には
「個人向け貸付け」「個人向け保証」「法人向け貸付け」「法人向け保証」
の4種類があります。
この4つ中で、総量規制の対象となるのは、
「個人向け貸付け」のみでです。

私たち個人への貸付(融資)ですね。

 

総量規制とは個人の借入総額が、
原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。

(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。

総量規制が開始されたのは、貸金業法では2006年12月。
そり後、段階的に施行されて、
2010年6月18日に、総量規制などの重要な部分を含む、
すべての規定が施行されました。


この規定の目的は、
多重債務者(お金を借り過ぎて返済に困っている方)を減らすためのものです。

また、貸金業者の過剰融資を防止するための規制でもあります。

 1社ではなく全ての貸金業者からの借入の総額ですので、
例えば年収300万円の方は、
300万円の3分の1である100万円までが
貸金業者から借りることのできる総額の限度額になります。

また,2社以上の貸金業者から借入をする場合でも、
すべての合計で100万円が限度額になります。
 

借入残高が年収の3分の1を超える場合は、
新規の借入れをすることができません。
 

そして、総量規制の対象は「貸金業者」、銀行は対象外です。
貸金業者は、消費者金融信販会社及び
クレジット会社の、クレジットカードのキャッシング枠
が該当します。