総量規制の除外または例外となる貸付けとは?

総量規制とは個人ひとりの借入総額が、
年収の3分の1までに制限される仕組みですが、
除外または例外となる借入れもあります。

 

年収の3分の1までしか借り入れができないの?
となると、お金を借りれる可能な額がすごく少ない
と思ってしまうかもしれませんが、
総量規制には、除外、例外となる貸付けもあります。

総量規制の除外や例外は、貸金業法の施行規則で規定されています。
除外や例外に該当すれば、すでに年収の3分の1の借金をしている人でも、
借りられる可能性があります。

たとえば、年収が300万円で、借金の残高が100万円の場合、
本来は総量規制により新規の借り入れはできませんが、
除外や例外のケースであれば、
返済能力と審査次第で融資を受けることが可能となります。

 

除外貸付けは、総量規制の対象とならない貸付けです。
借入残高が年収の3分の1を超えていても借入れすることができ、
その残高も総量規制の借入残高に加算されません。

除外の主な貸付けは、以下のとおりです。

除外貸付
・住宅ローン
・自動車ローン
・高額療養費の貸付け
・有価証券担保貸付け
・不動産担保貸付け(居宅以外)


総量規制には、除外とは別に「例外」というのがあります。
例外とは、原則としては総量規制が適用されるものの、
返済能力があれば、例外的に貸し付けが可能となるものです。

例外貸付
・借換えローン
・緊急医療費貸付け
・特定緊急貸付け
・個人事業者への貸付け
・配偶者と合算して年収合計の3分の1を超えない貸付け

※上記の貸付けにはそれぞれ基準が設けられています。


主婦の方がご自分名義で、住宅ローンなど
大きな額の借り入れをするケースは少ないですが、
総量規制は、カードローンの申込み・キャッシング枠にも
影響がありますので、ご参考にしてください。